車の修理専門店とディーラーの比較

車を直すときには修理専門店とディーラーのどちらかに出すことになりますが、基本的にはどちらに出しても大きく変わるようなことはありません。どちらも最低限の知識と技術がありますので、仕上がり面に関しては大きく変わることはないのです。しかし、細かいところではやはり違いが出てきますから何を重視するのかという、目的に合わせてどちらに出すのかを決めることが重要なことになります。十分な知識があるのであれば専門店に任せたほうが得をすることが多いものですし、逆に知識がないというのであればディーラーに出したほうが保証面では安心だといえます。どちらにも一長一短があるものとなっているので、細かい部分をよく比較して選び目的に合わせて一番いいと思える方法を選ぶようにしましょう。

専門店は価格面で有利な傾向にある

ディーラーではなく修理専門店に出す利点としては、価格面で有利な傾向にあるというものがあります。ディーラーに出す場合であっても、結局下請けの専門店に出すことも多いので余計にマージンが発生して高く付いてしまうだけということも少なくないのですが、直接専門店に車を出せば余計なマージンが発生しないので安く直してもらう事ができることが多いのです。また、技術面でも様々なものを直してきた実績があればディーラーに出すよりもクオリティが高いこともあるので、品質を重視するという人も専門店に出すという選択は悪いものではありません。気をつけなければならないのは、技術力や価格は店によって異なってくるものなので店選びを失敗してしまうと逆に高く低品質になってしまう可能性もあるということです。

保証が充実しているのがディーラーの強み

ディーラーに修理を出す利点としては、何より保証が充実しているというのが大きなものとなります。直した後ですぐに何かのトラブルがあったときにも、しっかり保証をしてもらう事ができるので多少金額的に割高感があっても、安心感は大きいという利点があります。また、そのディーラーが取り扱っている車であれば実績も豊富であるため、下手に専門店を選ぶよりは品質面で有利な可能性が高いのも利点の一つとなります。専門店のほうが技術力高いことは少なくありませんが、ばらつきがあるのでハズレを引いてしまうリスクもあります。しかし、ディーラーであれば水準以上の技術力をもった工場などのルートが有るわけですから、下手に素人が店選びをするよりはずっと確実に安心して直してもらう事ができるという利点があります。